for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

テンポイノベ Research Memo(7):2022年3月期以降の成長再加速を期待


*08:07JST テンポイノベ Research Memo(7):2022年3月期以降の成長再加速を期待
■成長戦略

1. 基本戦略は「東京・飲食店・居抜き」領域で転貸借物件数の増加
テンポイノベーション
3484は中期成長戦略として、コロナ禍の状況を注視しつつ中期経営計画の見直しを進めているが、成長に向けた基本的な事業戦略に変化はなく、「東京・飲食店・居抜き」の領域にこだわり、成長のベースとなる優良な転貸借物件数の増加を図る方針だ。転貸借物件数5,500件を目指し、不動産業者とのリレーションシップ強化や「店舗買取り.com」を通じた物件情報収集の強化を推進する。また人材の採用・育成では、営業100名体制の実現に向けた積極的な採用を実施するとともに、オリジナル研修による専門性・目利き力の強化や組織化を推進する。さらに店舗転貸借事業の認知度向上などを推進する方針だ。

2. 2022年3月期以降の成長再加速を期待
外食産業の規模は大きく、店舗数では同社がターゲットとする小規模事業者が大半を占めている。また開業・廃業による入れ替えが激しいため、同社の店舗転貸借事業にとって市場機会は豊富で更なる市場開拓余地は大きい。2021年3月期はコロナ禍の影響で成長が踊り場となった形だが、2022年3月期以降はコロナ禍の影響が一巡し、成長を再加速して新たな成長ステージに入ることを期待したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up