for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

テックポイント Research Memo(6):「CMOSイメージセンサー」の動向に注目


*15:06JST テックポイント Research Memo(6):「CMOSイメージセンサー」の動向に注目
■研究開発品の進捗状況

テックポイント・インク
6697の成長戦略は具体的に定まっており、前回レポートから大きな変化はないため、今後の同社の成長エンジンとなり得る戦略商品について概観しておきたい。筆頭格となるのが「CMOSイメージセンサー」である。こちらは、800万画素の4Kカメラ向け製品のサンプルが完成しており、随時出荷を開始することになる。2021年12月期第2四半期の見通し部分でも言及した通り、数量については限定的なものになる可能性があるとはいえ、性能評価の結果は非常に良好であり、2021年12月期第3四半期から第4四半期にかけて量産へ向かうと弊社では予想している。既存顧客に対して訴求できるほか、アナログカメラ、IPカメラ双方に活用できる製品であることから、CMOSイメージセンサーの業績寄与は中長期的に非常に大きなものになってくると期待できる。また、直近1~2年で高機能化需要が強まってきた「ドアフォン用(ハイビジョン対応)の半導体製品」については、現在、サンプルは完成していないものの、量産に要する期間はCMOSイメージセンサーよりも短いことから、結果的にCMOSイメージセンサーと近い時期に成果が見えてくることになりそうだ。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up