for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

電算システム Research Memo(9):コンプライアンスは同社における経営の最重要課題の1つ


*15:59JST 電算システム Research Memo(9):コンプライアンスは同社における経営の最重要課題の1つ
■コンプライアンス(ガバナンス)

電算システム
3630は、コンプライアンスを経営の最重要課題の1つとして位置付けており、「役職員行動規範」及び「法令遵守(コンプライアンス)規程」を制定している。グループ全体の法令遵守の姿勢を明確に打ち出して事前相談制度、社内相談・通報制度の構築、コンプライアンス委員会の設置などを通じてコンプライアンスの徹底に取り組んでいる。1)事前相談制度では、従業者は業務遂行に当たり法令抵触のおそれを発見したときは、上司及び総務部長に相談することが義務付けられている。2)コンプライアンス委員会の設置では、コンプライアンス委員会は取締役及び社長が指名する委員から構成され、コンプライアンス委員長には社長または社長が指名するものが任務の遂行に当たっている。3)社内相談・通報制度においては、コンプライアンス上の問題点の早期発見・対処・発生防止を目的として、従業者は行動規範の違反に関して、業務監査室に相談・通報することができるほか、社長、監査等委員に対しても直接行うことができる。また、匿名での報告・相談窓口も設置している。このように、コンプライアンス体制を充実させることが、企業風土の醸成と全役職員共通の企業倫理の確立にも役立っている。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up