for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ビーロット Research Memo(3):不動産投資家の積極的な投資姿勢に大きな変化はなし


*15:03JST ビーロット Research Memo(3):不動産投資家の積極的な投資姿勢に大きな変化はなし
■ビーロット
3452の市場動向

不動産市況は、物件タイプによりコロナ禍の影響が異なる。「空室率TVI」(分析:株式会社タス)を見ると、賃貸住宅(東京23区)においては需給の変動により若干の上下はあるが、2015年からの6期において空室率は安定的に推移し、2020年も同様だった。稼働率が高く安定していることは、賃貸収入を安定させるだけでなく、売買市場の環境も良好であることを示す。首都圏及び都市部では、市場の過熱感への警戒が必要なものの、市場の流動性に変化は見られない。また、三鬼商事(株)「オフィスマーケットデータ」によると、オフィス※に関しては、テレワークの急速な普及など働き方の変化があったこともあり、空室率が上昇した。ただし、2020年12月時点の空室率は4.49%であり、リーマンショック前後に8%程度だったこと勘案すると、コロナ禍の影響が限定的であることがわかる。なお宿泊施設に関しては、コロナ禍の影響により訪日外国人が減少し、国内の旅行や出張も自粛が続くなかで、稼働が落ち込む施設が多い。

※東京ビジネス地区(都心5区/千代田・中央・港・新宿・渋谷区)のオフィス。


また、一般財団法人日本不動産研究所「第43回不動産投資家調査」(2020年10月現在)によると、「今後1年間の投資に対する考え方」に対して、92%(前年同月は95%)が「新規投資を積極的に行う」と回答している。世界的な金融緩和に支えられ、不動産投資家の積極的な投資姿勢は依然として継続していることがわかる。リーマンショック時(2009年4月調査)にはこの指標は45%程度まで下落した経緯があることからも、当時と比較して変化は軽微であると言えよう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up