for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

クロスマーケ Research Memo(5):テクノロジーを活かした事業展開で収益力・競争力の強化を推進


*15:15JST クロスマーケ Research Memo(5):テクノロジーを活かした事業展開で収益力・競争力の強化を推進
■クロス・マーケティンググループ
3675の業績動向

3. 2020年12月期の注力施策
デジタルトランスフォーメーションに対応すべく、テクノロジーを生かした事業展開を進め、既存事業の収益力や競争力の強化を推進した。注力施策は、グループの再編と強化、デジタル化に対応した新サービスの提供、D2Cへの事業領域拡大、外部企業と連携したデジタルマーケティングサービスの開発と強化などである。既述のドゥ・ハウスの子会社化も、デジタルトランスフォーメーションに対応した注力施策の1つといえる。

国内リサーチ事業においては、収益力や競争力の強化に向けてグループを再編・強化した。クロス・マーケティングと(株)リサーチ・アンド・ディベロプメントを合併することで、リサーチ市場の変化に迅速に対応するとともに、連動性、効率性の高いワンストップサービスの提供を進めた。また、リサーチ業務のアウトソーシング拠点として福岡を地盤とする(株)ウィズワークを設立、災害時の事業継続性や新たな人材採用・育成、運用キャパシティ・品質の向上を目指した。ほかにも、顧客(個客)の行動・思考・感情(カスタマージャーニー)をビッグデータから見える化するカスタマージャーニー型データ分析のフルカスタマイズサービスや、世界中のサイトからあらゆるデータを収集し分析するプロセスをAIによって効率化・高度化したオープンデータ関連サービス、デジタル上の顧客体験(UX:User Experience)の向上を支援するサービス((株)ポップインサイトと共同提供の「Cross-UX」)など、デジタル技術の進歩や顧客のデジタルシフトに対応した新サービスの提供を加速させている。

ITソリューション事業では、顧客のデジタルシフトを支援するとともに、デジタル技術を活用して成長市場であるD2C領域でのビジネスなどを拡大した。SNS上の画像データを解析する(株)ニューロープのAI技術を活用してD2Cブランド向けに新しいターゲティングサービスを開発したほか、アパレルの企画・開発を展開する(株)サードオフィスと連携してD2Cブランドの成長をサポートするトータル支援サービス「D2C GROWTH PARTNER」の提供を開始、また、大和証券グループが運営するスマートフォン上の新しい証券会社「CONNECT」のアプリも開発した。その他の事業(WEBプロモーション事業)では、外部企業との連携によるデジタルマーケティングサービスの開発を強化した。テモナ
3985のサブスクシステムを利用する事業者に対して消費者ネットワークパネルを用いたマーケティング支援を提供したほか、位置情報ビッグデータ分析のクロスロケーションズ(株)の技術と(株)ディーアンドエムのマーケティングノウハウを生かしたマーケティング課題の解決支援サービスを共同開発した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up