for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アンジェス---COVID-19治療薬AV-001が第1相臨床試験で安全性と忍容性を確認し良好な結果を発表


*17:52JST アンジェス---COVID-19治療薬AV-001が第1相臨床試験で安全性と忍容性を確認し良好な結果を発表
アンジェス
4563は25日、Vasomune Therapeuticsとの、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に対する画期的な治療薬(ファースト・イン・クラス)であるAV-001の第1相臨床試験において、良好な結果が得られたことを発表した。

本試験では、AV-001の安全性と忍容性が確認され、1日1回の投与で開発できる薬物動態プロファイルが示された。今回実施した第1相試験では、20歳から63歳までの健康成人48名を対象に、AV-001の単回投与および連続回投与それぞれの安全性、忍容性、薬物動態を評価した。本試験では、重篤な有害事象や臨床的に重要な臨床検査値の異常、臨床的に重要な心電図の異常は認められず、薬物動態解析結果からも、AV-001の安全域は広いことが確認された。
同社とVasomuneは、これらのデータを米国食品医薬品局に提出して、次のステップである重度のCOVID-19患者での有効性を評価する前期第2相臨床試験について協議する予定。尚、前期第2相臨床試験は、米国に加えてカナダの施設も含めて実施することを検討している。

AV-001については、2021年3月17日付で、VasomuneがNational Research Councilを通じてカナダ政府より助成金を受けた。また、2020年8月にも、米国防総省から280万ドルの医療研究プログラム助成金を獲得している。
AV-001は、トロントのサニーブルック病院で発見・デザインされたものであり、同社とバソミューンの共同開発契約に基づき臨床試験が進められる。AV-001は、血管内皮細胞表面に最も多く発現する膜貫通型タンパク質であるTie2受容体を標的とした新規治験薬で、中等度から重度のCOVID-19およびARDSの治療薬として開発されている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up