for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サイオス Research Memo(2):OSS、クラウド領域における先進的な製品・サービスの開発・導入支援などを展開


*15:22JST サイオス Research Memo(2):OSS、クラウド領域における先進的な製品・サービスの開発・導入支援などを展開
■会社概要

1. 会社沿革
サイオス
3744はLinuxに代表されるOSSを活用したITシステム開発領域での事業展開を目的に1997年に設立された。その後、国内外でM&Aを活用しながら事業領域を拡大してきた。2006年には米国でIT企業の株式を取得し、海外への進出を果たしたほか、2008年にクラウドサービスの開発販売を行うGLUを子会社化、また、2015年には金融市場への事業展開を目的にKPSとPCIを子会社化した。2017年10月には持株会社体制に移行し、既存事業に関しては新たに設立したSTIに承継した。また、STIは2020年10月にKPS、GLUと合併したほか、2021年4月にはPCIとも合併する予定であるため、国内の事業会社は1社に統合されることになる。2020年12月末時点での主な連結子会社は3社、持分法適用関連会社2社、連結従業員数は454名となっている。

2. 事業内容
事業セグメントは、オープンシステム基盤事業とアプリケーション事業に区分されている。各事業の概要については以下のとおり。

(1) オープンシステム基盤事業
オープンシステム基盤事業は、ITシステムの障害時のシステムダウンを回避するソフトウェア「LifeKeeper」や、Linux OSで世界標準となっている「Red Hat Enterprise Linux」(Red Hat, Inc.の主力製品である企業向けサーバーOS)を始めとしたRed Hat, Inc.関連商品、OSS技術に関するサポートサービスやOSS関連商品、各種情報システム向けのコンサルティングサービス等が含まれる。このうち、「LifeKeeper」は米子会社が開発した製品で、国内だけでなく海外でも販売されており、大企業や公共機関などでの導入実績も多く、同社の主力製品となっている。

(2) アプリケーション事業
アプリケーション事業は、MFP向けソフトウェア製品や、Google Workplace※1及びMicrosoft 365※2に連携した業務用クラウドサービス「Gluegentシリーズ」、金融機関向けシステム開発・構築支援、従業員のモチベーションを「見える化」するITツール「Willysm(ウィリズム)」のほか、PCIの事業が含まれる。PCIは地方銀行やインターネット銀行を主要顧客とし、主にALMシステム※3の開発、導入・運用支援サービスを行っている。地方銀行向けのALMシステムでは同社のほか、3社(日鉄ソリューションズ
2327、データ・フォアビジョン(株)、日本ユニシス8056)で寡占状態となっている。

※1 Googleがサブスクリプション方式で提供しているクラウドコンピューティング生産性向上グループウェアツール。
※2 マイクロソフトがクラウドサービスによってサブスクリプション方式で提供するMicrosoft Office製品群。
※3 ALM(Asset Liability Management) 銀行の資産・負債を総合的に管理するソフトウェア製品。


3. 同社の特徴と強み
同社の特徴と強みは、国内で先駆してOSSをベースとした事業展開をしてきたことで、OSSに関する技術や運用ノウハウなどの知見が深いことが挙げられる。OSSに携わる技術者のレベル、あるいは運用サポート体制は顧客企業からも高く評価されており、NTT
9432グループやトヨタ自動車7203など日本を代表する大企業も顧客となっている。競合はNEC6701や富士通6702など大手IT企業となるが、これら企業は自社開発製品が主力でOSS関連製品は傍流となるため、あまり注力していない。また、OSS分野を専門にサポートしている競合も少なく、同分野では競争優位性を保っていると言える。

また、Linuxディストリビューター(商用Linuxの配布・サポートを行うことに特化した企業)として世界最大のRed Hat, Inc.とは創業時より緊密な連携関係にあり、「Red Hat Enterprise Linux」を始めとする関連商品の販売・サポートで同社は国内最大規模の代理店となっている。Javaを使ったシステム開発も設立当初より手掛けており、その技術基盤をベースとして、リコー
7752のMFP向けソフトウェア製品を2009年に開発、事業化しており、アプリケーション事業の主力製品に育っている。

なお、同社の商流はOSSのシステム開発やサポートサービス、金融機関向けの製品・サービスを除けば、間接販売が大半を占めており、主に大塚商会
4768などSI事業者を経由して最終顧客に販売されている。2020年12月期実績で見ると、大塚商会向けの売上構成比率が全体の23.9%、(株)ネットワールド向けが同10.1%を占めている。また、海外売上比率は同4.3%であり、その大半は北米向けで占められている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up