for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サムティ---シャングリ・ラグループとの共同事業の開始及び特定目的会社の子会社化


*15:24JST サムティ---シャングリ・ラグループとの共同事業の開始及び特定目的会社の子会社化




サムティ
3244は29日、同社子会社のSAMTY ASIA INVESTMENTS PTE LTD(SAI)を通じて世界的なホテルチェーンを展開するShangri-La Asia Ltd.を共同事業者として、ホテル開発プロジェクトの開始及び間接的な特定目的会社の出資持分取得に伴う子会社化を発表した。

サムティはシャングリ・ラグループと京都市内で共同で本プロジェクトを実施し、プロジェクトの開発を行うシャングリ・ラ京都二条特定目的会社(TMK)に間接的に出資しているShangri-La Japan Investments PLより、同社子会社のSAIが間接的にTMKの出資持分の80%を2回に分けて取得。11月末日までに49%を取得、TMKを持分法適用会社化し、残り 31%を12月末日までに取得する予定で、本TMKを連結子会社化する見込みだという。

なお、連結子会社化に伴い、負ののれんが2021年11月期に約27億円、2022年11月期に約16億円発生する見込み。同社は、ホテル開業後、一定期間保有のうえ、将来的には、同社グループが設立を準備しているホテルリートへの組み入れも検討していくとしている。

シャングリ・ラグループは、今回のプロジェクトが日本国内で2番目の計画で、関西では初進出となる。同ホテルは二条城の北側に位置し、客室数は80室から100室、平均客室面積は約57平方メートル。

出資持分譲渡契約締結は2021年4月1日を予定。
また、同社は30日、本件の要因を含め業績予想の修正を発表している。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up