for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

神戸物産---2021年2月度の個別業績を発表、いずれも堅調に推移


*12:08JST 神戸物産---2021年2月度の個別業績を発表、いずれも堅調に推移
神戸物産
3038は29日、2021年2月度の個別業績を発表した。

売上高は前年同期比12.2%増の285.65億円、売上総利益は同28.5%増の29.78億円、営業利益は同31.6%増の20.51億円、経常利益は同40.1%増の23.33億円となった。

また、2月度の業務スーパーの出店状況は、新規出店が9店舗(神奈川県座間市・福岡県糟屋郡宇美町・埼玉県幸手市・宮崎県宮崎市・仙台市太白区・山梨県南アルプス市・茨城県土浦市・福島県いわき市・山形県山形市)あったことで、店舗数は909店舗になり、前年同期比で53店舗の増加となった。直轄エリア既存店への商品出荷実績は前年同期比4.3%増、直轄エリア全店への商品出荷実績は同10.0%増、全国全店への商品出荷実績は同12.5%増で堅調に推移し、売上高の増加に寄与した。

商品動向については、冷凍ブルーベリーや揚げなす乱切りをはじめとした、利便性の高い冷凍果物や冷凍野菜が、引き続き伸長した。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up