for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

不二精機 Research Memo(4):2020年12月期連結業績はコロナ禍の影響で2ケタ減収減益


*15:54JST 不二精機 Research Memo(4):2020年12月期連結業績はコロナ禍の影響で2ケタ減収減益
■業績動向

1. 2020年12月期の業績概要
不二精機
6400の2020年12月期連結業績は売上高5,913百万円(前期比10.3%減)、営業利益283百万円(同26.9%減)、経常利益142百万円(同58.5%減)、親会社株主に帰属する当期純利益99百万円(同65.8%減)となった。2020年11月に公表した予想に対しては、売上高で575百万円未達、営業利益では24百万円上回った。売上面では、医療機器用精密金型をはじめとする射出成形用精密金型及び成形システム事業において、コロナ禍の影響から顧客との間で検収手続きに遅延が生じたことが減収要因となった。利益面では、受注残の消化で操業度が高い状態に維持されたうえ、利益率の高い製品の売上高が想定を上回ったため、減収でも利益を維持した。

セグメント別では射出成形用精密金型及び成形システム事業が売上高2,327百万円(前期比20.4%減)、営業利益267百万円(同4.4%減)となった。売上高の56.7%を占める医療機器用精密金型の売上がコロナ禍の影響から顧客との間で検収手続きに遅延が生じたことなどで減少した。利益面では、未検収の受注残を残している状況であるため各工場の稼働率は高い状態にあり、利益の減少は最小限に止まった。

一方、納期の短い精密成形品その他事業は、売上高3,586百万円(前期比2.3%減)、営業利益23百万円(同78.6%減)となった。主力製品の自動車部品用成形品は東南アジア市場を中心に中期的な受注を獲得し、インドネシアやタイでの増産設備稼働に加えて秋元精機工業の子会社化もプラス要因となった。しかし、全般的にコロナ禍の影響による稼働率の低下が大きく、経費削減を実行したものの補えきれず、利益は大幅減を余儀なくされた。

営業利益の増減要因をまとめると、為替影響を除いた売上高減少額が607百万円のマイナス効果に対し、減産で材料費・外注費の減少257百万円及び製造経費や労務費削減で補えず粗利益が201百万円減少、販管費などの削減88百万円に対しても売上減の方が大きく、前期比104百万円(26.9%減)の営業減益となった。経常利益ではさらに債務の換算差損90百万円もあり、前期比200百万円(58.5%減)と減益幅が大きくなった。


財務状況は緩やかに改善傾向も、更なる財務体質の強化が必要
2. 財務状況
同社は、収益の長期低迷を経た後に海外での収益基盤が安定してきた。純資産も増加に転じ、自己資本比率が2018年12月期第2四半期末にようやく20%超まで回復し、2020年12月期末には22.3%となった。しかし、同社は更なる財務体質の強化が必要であると考えている。キャッシュ・フローについては海外工場の設備増強が継続していることから、2020年12月期のフリー・キャッシュ・フローは2019年12月期より縮小したものの、マイナスが続いた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 岡本 弘)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up