for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

今週のマーケット展望「今週こそは3万円の大台を回復」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)


*10:08JST 今週のマーケット展望「今週こそは3万円の大台を回復」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)
皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。

この記事のタイトルにもある通り、朝からさっそく日経平均が3万円台を回復していますね!取引時間中に3万円を超えるのは、3月19日以来、17日ぶりです。


さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、4月5日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。


まず広木さんは、『先週の「マーケット展望」で「日経平均は3万円の大台を回復」と予想したが、先週末終値は2万9854円とあと一歩及ばず』と振り返っています。

ただ、『今週こそは3万円の大台を回復できるだろう』といいます。その根拠は『米国の長期金利上昇も天井感が見え始めたこと』とのことです。

その背景について、『先週末発表された米国の雇用統計で非農業部門雇用者数は前月から91万6000人増え、67万人程度の増加を見込んだ市場予想を上回った。これほどの改善を見せたのだから長期金利は当然のように上昇したが、それでも1.73%止まり。 先週、長期金利は高いところでは1.77%まであったが、バイデン大統領による大型インフラ政策の発表(3月31日)や1983年以来37年ぶりの高水準となったISM製造業景気指数の発表(4月1日)を受けても米10年債利回りは上昇するどころか低下した。米国経済の活況はほぼ織り込んだということだろう』と説明しています。

そして、『こういう状況になれば半導体株やハイテク株などグロース株の巻き返しが期待できる』と広木さんはいいます。

さらに、『国内のコロナ感染状況は予断を許さないが、ファンダメンタルズは改善が明確だ』として、『先週発表された日銀短観で大企業製造業DIはプラス5。市場予想を上回った。2021年度の設備投資計画も全規模製造業で前年度比3.0%増と市場予想を超える堅調さだ』と解説しています。

また、『今週は小売の決算が本格化する』として、『5日のしまむら
8227、7日のウエルシアHD3141、そして8日のファーストリテイリング9983、7&I3382が注目される。小売りではないが9日には安川電機6506の決算発表がある』と説明。『毎回のことだが、これに続く3月決算銘柄の製造業の先行指標として大きな注目だ』としています。

最後に、今週の予想レンジは『2万9700円〜3万700円』としました。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up