for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

フォーバル Research Memo(5):21年3月期の連結業績予想は、コロナ禍の影響により現段階では未定


*15:15JST フォーバル Research Memo(5):21年3月期の連結業績予想は、コロナ禍の影響により現段階では未定
■今後の見通し

フォーバル
8275の2021年3月期の連結業績予想は、コロナ禍の影響で不透明であり、合理的に算定することが困難であるため、現段階では未定としている。同社の顧客企業は幅広い業種・業界の中小企業であり、コロナの影響による顧客企業の動向を短期的な視点で見極めることは大変困難な状況にある。例えばフォーバルビジネスグループでは、テレワークなどの浸透によりITソリューションの需要が増える半面、サーバーや事務機器の買い替えサイクルは長くなるなど、影響は複雑である。上期の落ち込みを、下期でどこまで取り返せるかが焦点となるが、第3四半期単体では増収増益を確保するまで回復してきており、前期に近い業績まで肉薄するものと弊社では見込んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)




《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up