for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アルファ Research Memo(2):車載用・住宅用電子キーシステム、コインロッカー等の総合ロックメーカー


*15:02JST アルファ Research Memo(2):車載用・住宅用電子キーシステム、コインロッカー等の総合ロックメーカー
■事業概要

1. 事業セグメントとセグメント別概要
アルファ
3434の事業セグメントは、自動車部品事業とセキュリティ機器事業の2つとなる。自動車部品事業では、クルマにとって必要不可欠なキーセットとドアハンドルなどの設計・開発・製造を行っており、日本・北米・アジア・欧州にセグメント分けされている。セキュリティ機器事業は、住宅用電子キーシステムを扱う住設機器部門とロッカーシステム部門の2つの製品群があり、日本と海外にセグメント分けされている。2021年3月期第3四半期累計の売上構成比は、自動車部品事業が75.7%、セキュリティ機器事業が24.3%となっており、自動車部品事業が高い比率を占めている。また、2021年3月期第3四半期累計の営業利益(調整費除く)を見ると、自動車部品事業は日本及び欧州で損失を計上しているものの、セキュリティ機器事業は日本・海外ともに利益計上していることから、収益額・収益性の両面でセキュリティ事業が貢献している。

2. 自動車部品事業
同社の自動車部品事業では、クルマにとって必要不可欠なキーセットとドアハンドルを手掛けている。2021年3月期第3四半期累計の売上高は28,325百万円であった。主要取引先は日産自動車
7201グループ、VW(Volkswagen AG)グループ、本田技研工業7267グループ、いすゞ自動車7202グループ、FordF、三菱自動車7211グループ等であるが、特に日産自動車グループとの取引が多く、2020年3月期の自動車部品事業売上高のうち50.0%を占める。またASSA ABLOY ABからのカーアクセス・セキュリティ事業取得に伴いVW向けが第2位の納入先となっており、同17.8%を占める。地域別ではアジア、北米の寄与が大きい一方、日本は2021年3月期第3四半期累計売上高の17.7%を占めるにとどまることに加え、利益面では損失を計上している。

3. セキュリティ機器事業
セキュリティ機器事業のうち、住設機器部門では電気錠や宅配ボックス、産業用ロックなど、ロッカーシステム部門では各種コインロッカーを手掛けている。2021年3月期第3四半期累計の売上高は9,104百万円であった。また、2020年3月期の売上の内訳については、電気錠が戸建て用中心に50%、コインロッカーなどのロッカーシステム部門が10%、その他40%となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 岡本 弘)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up