for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アイル Research Memo(9):2021年7月期の配当予想を上方修正


*15:09JST アイル Research Memo(9):2021年7月期の配当予想を上方修正
■アイル
3854の株主還元策

利益還元については、業界における競争力の維持強化のための内部留保、株主資本利益率の水準、経営などを総合的に勘案して成果の配分を行っていくことを基本方針とし、配当性向30%台を目標かつ安定配当を指標としている。

この基本方針に基づいて、2021年7月期は、連結業績予想の上方修正に伴って配当予想も増額し、期初予想比3.00円増額(第2四半期末1.00円増額、期末2.00円増額)とした。この結果2021年7月期の配当は、前期同額の年間年間15.00円(第2四半期末7.00円、期末8.00円)、予想配当性向は35.9%となる。

なお、配当性向の見直しも視野に入れているようであり、収益拡大に伴って増配など株主還元の更なる充実も期待される。


■SDGsへの取り組み

同社はSDGsへも積極的に取り組んでいる。一例を挙げると、社会貢献活動の一環として、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)の啓発活動を行う一般社団法人WITH ALSによるイベントである「MOVE FES.2019」に協賛した。

また地域支援(島根県松江市)の取り組みとして、2017年に開設した「アイル松江ラボ」では、島根大学や松江工業高等専門学校を中心とする現地採用や、オフィス1Fを「IT交流スペース」として開放し、ITのスキルや関心を高められるように活動。また、現地にて行われるプログラミング言語「Ruby」市場・ビジネス拡大を目的とした「RubyWorld Conference」の支援を2017年より継続して行っている。同社は今後も、SDGsへの取り組みを強化する方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up