for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サカタインクス Research Memo(9):ESGやSDGsへの取り組みを強化する方針を掲げる


*15:59JST サカタインクス Research Memo(9):ESGやSDGsへの取り組みを強化する方針を掲げる
■サカタインクス
4633のSDGsへの取り組み

長期ビジョンでは、環境制約・社会課題への対応(長期的なサステナビリティ配慮、SDGsに向けた取り組みの重要性の高まり、資源制約・原料価格高騰リスクの高まり、ESG投資の影響力増大)の重要性を認識し、ESGやSDGsへの取り組みを強化する方針を掲げた。

強みを持つ環境配慮型製品では、環境に優しい包材として紙器パッケージが見直されるなかで、材料の一部を植物由来成分に置き換えてインキ固形成分中に10%以上の植物由来成分を含有する独自の「ボタニカルインキ」シリーズが、既に様々な紙のパッケージに採用が広がっている。さらにボタニカル度の向上に向けて研究開発を推進する方針だ。食品ロス問題では、酸化を防止するガスバリア剤によって食品の保存期間の長期化に貢献する製品の開発に取り組んでいる。

なお2019年1月には、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が新たに採用したESG投資のための株式指数「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の構成銘柄に選定されている。また経済産業省が2019年1月に設立したクリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンスにも参画している。

2020年11月には、使用済みプラスチック再資源化技術の開発・実用化を推進する共同出資会社(株)アールプラスジャパン(2020年6月事業開始)に資本参加した。プラスチックごみ問題の解決に貢献すべく、バリューチェーンの一員として使用済みプラスチックの再資源化に取り組む方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up