for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ファンペップ---抗体誘導ペプチド「FPP003」の物質特許が米国において成立


*10:30JST ファンペップ---抗体誘導ペプチド「FPP003」の物質特許が米国において成立
ファンペップ
4881は21日、開発中の抗体誘導ペプチド「FPP003」の物質特許が米国において成立し、米国特許商標庁(USPTO)から特許公報が公表されたことを発表。同特許は、用途にかかわらず、物質そのものを広く保護する物質特許である。

発明の名称は、「疾患の要因となる生体内タンパク質を標的とするコンジュゲートワクチン」、出願人は同社及び大阪大学である。

同社は、抗体誘導ペプチドの創薬プラットフォーム技術を保有していることを強みとし、大阪大学大学院医学系研究科との共同研究によって様々な疾患を対象とする抗体誘導ペプチドの創薬研究を行っている。「FPP003」は、大日本住友製薬
4506との共同研究により創製した開発化合物である。北米の全疾患を対象とする独占的開発及び商業化権に関するオプション契約を締結している。また、「FPP003」の物質特許は、日本や欧州等にも出願している。

抗体誘導ペプチドは、患者の体内で抗体産生を誘導することにより治療効果を期待するペプチドワクチン。化学合成で製造することが可能なため製造コストを抑制でき、さらに投与後は患者の体内で免疫細胞が一定期間持続的に抗体を産生するため、薬剤投与間隔も長いことが期待される。同社は先進国で深刻化する医療財政問題の解決や患者の負担軽減への貢献を図る。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up