for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アセンテック Research Memo(5):仮想デスクトップへの投資は、引き続き拡大基調が継続(1)


*15:15JST アセンテック Research Memo(5):仮想デスクトップへの投資は、引き続き拡大基調が継続(1)
■今後の見通し

1. 2022年1月期業績見通し
アセンテック
3565の2022年1月期通期の業績予想は、売上高が前期比8.6%増の6,500百万円、営業利益は同15.3%増の700百万円、経常利益は同10.8%増の700百万円、当期純利益は同14.8%増の485百万円とし、連続で過去最高益更新を見込んでいる。コロナ禍に伴う景気下振れリスクは存在するものの、同社が強みを持つITインフラ分野、特に仮想デスクトップへの投資は、拡大基調が継続すると見込んでいる。主要事業である仮想デスクトップソリューションは、特に昨今、社会的な課題となっている1)情報漏洩、盗難事故等の情報セキュリティ問題、2)災害発生時におけるデータ消失等の事業継続問題、3)テレワークや在宅勤務を促進する働き方改革の3つの問題を解決できるものと考えている。このような事業環境のもと、ITインフラ事業においては、仮想デスクトップ、仮想インフラ及びストレージ、クラウドサービスの事業領域で、商品ラインナップを拡充するほか、継続収入ビジネスの拡大や自社製品の開発強化によって、売上増を見込んでいる。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up