for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

テリロジー---連結子会社テリロジーワークスが仏国GitGuardian社と代理店契約を締結


*17:40JST テリロジー---連結子会社テリロジーワークスが仏国GitGuardian社と代理店契約を締結
テリロジー
3356は27日、は、連結子会社の株式会社テリロジーワークスが仏国GitGuardia社と代理店契約を締結し、同社が提供するソフトウェアを開発プラットフォーム「GitHub」から流出した機密情報をリアルタイムで検知するサービスの販売を開始することを発表した。

2021年1月、日本国内において、ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」へ企業内システムに関する一部ソースコードが流出している事実が報道されたが、この問題は以前よりサイバーリスクとして認識されている事実であり、対策が求められていました実際、GitHubで漏洩する企業の機密情報の80%は開発者の個人公開レポジトリ内と言われている。しかし、開発者がGitHub上でどのような活動を行っているか、特に個人的な活動について把握する事や、ソースコードの漏洩をリアルタイムに補足し、対応するのは非常に困難であり、企業の機密情報をGitHub上でどう見つけるかが課題となっている。

GitGuardian社が提供する「GitGuardian Public Monitoring」は、GitHubから流出した機密情報をリアルタイムで検知し、ハッカーなどの悪意のある第三者がGitHubを悪用しバックドアを仕掛けるような事態を防ぐためのツールとして開発されたもので、GitGuardian Public Monitoringは、サイバーリスクを低減するためのソリューションであり、GitHub内の開発者の行動パターンに精通している。そして機密情報漏洩のリアルタイム検知が特徴で、攻撃者は高頻度でGitHubをクローリングする。インシデントを検知したその瞬間に対応しなければ間に合わないが、GitGuardianは平均4秒でインシデントを検知するという。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up