for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

NECキャピタルソリューション---21年3月期は賃貸・割賦事業の伸長により増収


*17:41JST NECキャピタルソリューション---21年3月期は賃貸・割賦事業の伸長により増収
NECキャピタルソリューション
8793は27日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比0.2%増の2,212.55億円、営業利益が同28.1%減の59.65億円、経常利益が同33.0%減の60.89億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同19.5%減の41.18億円となった。

賃貸・割賦事業の売上高は前期比10.1%増の1,925.73億円、営業利益は同7.18億円増の35.57億円、契約実行高は同0.3%増、成約高は同4.6%増となった。前期にWindows10更新需要を背景とした情報通信機器の大幅な増加や大型のベンダーファイナンス案件の獲得等があったが、当期はコロナ禍におけるGIGAスクール案件やテレワーク対応の需要等を着実に取り込んだことに加え、米国のNEC Financial Services, LLCを連結子会社化したことなどが奏功し、契約実行高、成約高共に増加となった。

ファイナンス事業の売上高は前期比9.2%減の66.17億円、営業利益は同4.29億円減の26.77億円となった。主に短期の貸付である個別ファクタリングの減少により、契約実行高、成約高共に前期を下回る結果となった。これは主に、顧客の売掛債権等の減少に伴い、ファクタリングの対象となる債権残高が減少したことや、大型案件の減少によるものとしている。

リサ事業の売上高は前期比57.9%減の68.01億円、営業利益は同30.91億円減の9.55億円となった。前期にファンドによる大型の営業投資有価証券や販売用不動産の売却等を計上したことにより、売上高、営業利益共に前期を下回る結果となった。また、当期においては不動産ビジネス等の先行費用を計上したこと等により、第3四半期累計期間では営業損失となっていたが、第4四半期において不動産の売却収益等を計上したことから年間の営業利益はプラスに転じている。

その他の事業の売上高は前期比31.8%減の153.12億円、営業利益は同5.27億円改善し3.97億円となった。前期に大型の案件を計上したことから売上高は減少しているが、当期に高収益の売却案件を計上したことや、ヘルスケアの賃料収入、及び太陽光売電売上の増加等により、売上総利益、営業利益共に前期を上回った。

2022年3月期通期の連結業績予想については、売上高は前期比4.0%増の2,300.00億円、営業利益は同67.6%増の100.00億円、経常利益は同64.2%増の100.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同33.5%増の55.00億円を見込んでいる。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up