for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

シンバイオ製薬---トレアキシン(R)液剤の併用療法(BR療法)にDLBCL承認取得


*19:19JST シンバイオ製薬---トレアキシン(R)液剤の併用療法(BR療法)にDLBCL承認取得
シンバイオ製薬
4582は28日、抗悪性腫瘍剤トレアキシン(R)点滴静注液剤「RTD製剤」について、リツキシマブとの併用療法(BR療法)における再発又は難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(再発又は難治性DLBCL)に対する効能・効果及び用法・用量追加に係る、医薬品製造販売承認事項一部変更の承認を取得したと発表した。

同社は、2017年9月にEagle PharmaceuticalsとRTD製剤の日本における独占的ライセンス契約を締結。特許保護を通じてトレアキシンの製品ライフサイクルを2031年まで延長することを可能とした。
当該承認により、トレアキシンの次世代製剤であるRTD製剤が再発又は難治性DLBCLにも使えることができるようになった。RTD製剤 は、手動による煩雑な溶解作業とそのために要する時間が不要であり、医療関係者の負担を大幅に低減することにより付加価値を提供できるという。
同社は研究開発型から収益性モデルへの事業転換を推進しており、今回の承認取得は、同社の掲げる2021年度の事業の黒字化へ向けての大きな原動力となるとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up