for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

デリカフーズホールディングス---21年3月期は売上高が317.25億円、徹底したコスト削減を推進


*15:51JST デリカフーズホールディングス---21年3月期は売上高が317.25億円、徹底したコスト削減を推進
デリカフーズホールディングス
3392は11日、2021年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比21.5%減の317.25億円、営業損失が14.67億円(前期は5.71億円の利益)、経常損失が10.32億円(同6.41億円の利益)、親会社株主に帰属する当期純損失が9.63億円(同3.60億円の利益)となった。なお、経常損失については、上期で1,015百万円の損失を計上したものの、コスト削減により損益分岐点を下げることにより、下期で16百万円の損失と大幅に収支を改善した。

青果物事業の売上高は前期比21.9%減の314.57億円、セグメント損失(経常損失)は10.38億円(前期は5.85億円の利益)となった。主要な販売先である外食産業において大幅に需要が減少し、同社の販売量が低迷する事態となった。このような事業環境の変容を重く受け止め、徹底した合理化施策の展開により、損益分岐点の低減に努めた。また、同社の事業モデルは、スーパー・コンビニエンスストア・給食事業等においても高い評価を得ており、新たな販路の開拓も実現することができた。しかしながら、1月に二度目の緊急事態宣言が発令されると再び売上は低迷した。

物流事業の売上高は前期比7.0%減の29.04億円、セグメント損失(経常損失)は0.56億円(前期は0.08億円の利益)となった。主要な荷主であるデリカフーズからの受注が大幅に減少した。利益面では、売上高の減少に対応すべく、配送コースの集約・外注費の削減など徹底的なコスト削減に努めた。

研究開発・分析事業の売上高は前期比34.7%減の0.80億円、セグメント利益(経常利益)は同22.8%増の0.11億円となった。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、コンサルティング案件の一部保留や外部向けセミナーの延期、付加価値目的の栄養分析などの分析事業の受託件数が減少した。利益面では、業務の集約や人件費の見直しなど徹底したコスト削減に努めた。

持株会社の売上高は前期比29.4%減の5.53億円、セグメント利益(経常利益)は同56.5%減の1.25億円となった。

2022年3月期通期の連結業績予想については、今後の不確定要素を勘案して3ケースでのレンジで開示しており、売上高が前期比9.4%増~14.2%増の350.00億円~370.00億円、営業利益が0.60億円~4.60億円、経常利益が1.00億円~5.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が0.80億円~4.50億円を見込んでいる。

また、同日、中期経営計画「Transformation 2024」を発表した。基本方針として「事業ポートフォリオの変革」「青果物流通インフラの構築」「サスティナビリティ経営の推進」を掲げており、2024年3月期の数値目標として、売上高450億円、経常利益10億円を計画している。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up