for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アイリックコーポレーション---スマートOCRが法務省矯正研修所のOCRシステムとして採用


*16:02JST アイリックコーポレーション---スマートOCRが法務省矯正研修所のOCRシステムとして採用
アイリックコーポレーション
7325は10日、子会社のインフォディオが独自開発した「スマートOCR」にて、法務局矯正研修所が行なう手書きアンケートの情報を認識処理する「効果検証用OCR機器の賃貸借」を受託したと発表。2022年1月から始まる確定申告より運用開始の予定。

法務省矯正研修所では、全国の矯正施設にて被収容者が作成したアンケートをもとに、施策効果検証としてのデータ分析ニーズが生じていたが、アンケート用紙の手書き文字をデータ化するプロセス上の課題を抱えていたという。
今回、手書き文字のアンケート用紙のデータ化を迅速に処理し、調査研究を促進させるために、書式の異なる非定型帳票においても柔軟に読み取り処理が可能であること、活字、手書き文字ともに読み取り精度が高いこと、コストパフォーマンスの良さなどが評価され「スマート OCR」の採用に至った。
スマートOCRは中小企業向けのクラウドサービスのみならず、大手金融機関、官公庁等のエンタープライズ向けの導入も増加。今後、AIによるデータ抽出エンジン、会計自動仕訳エンジン等のリリース、またOEM提供も拡大していく予定としている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up