for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

明豊ファシリティワークス---21年3月期は営業・経常増益、CM事業が堅調に推移


*14:22JST 明豊ファシリティワークス---21年3月期は営業・経常増益、CM事業が堅調に推移
明豊ファシリティワークス
1717は14日、2021年3月期決算を発表した。売上高が前期比2.6%減の42.40億円、営業利益が同0.8%増の9.09億円、経常利益が同0.5%増の9.10億円、当期純利益が同3.0%減の6.20億円となった。

オフィス事業については、多くの企業がコロナ禍におけるオフィス再編を模索する中、大企業におけるグループ企業の統廃合、多拠点の集約化、また、大規模な新築ビルの竣工時同時入居プロジェクトなど、難易度の高いオフィス事業に関するサービスを提供した。また、同社がテレワーク先駆者として総務大臣賞を受賞したことや、コロナ禍においてDX導入に取り組む企業や団体が増えていることもあり、働き方改革を伴うオフィス再編プロジェクトの引き合いが増加した。

CM事業については、数多くの地方自治体庁舎や学校を始めとする公共施設において同社のCMサービスが評価され、新規顧客が増加している。その中で、日本コンストラクション・マネジメント協会が主催する「CM選奨2021」に同社がCM業務を行った2件で「CM選奨」を受賞した。また、2020年6月に行われた国際コンストラクションプロジェクトマネジメント協会が主催する年次総会のプロジェクト賞において同社支援プロジェクトが、IQ(Innovation(革新性) &Quality(品質))賞で優秀賞を受賞したことで2年連続の受賞となり、国際的にも「明豊のCM」が認知された。

CREM事業については、個別プロジェクト毎の工事コスト管理や保有資産のデータベース化による資産情報の一元管理、多拠点同時進行プロジェクトの一元管理、そして個々のプロジェクトの進捗状況を可視化し、効率的に管理するシステム構築内製化による運用実績をもとに、これまでになかった発注者支援業務を複数の商業施設や支店等を保有する大企業、金融機関等に提供している。また、多くの自治体で課題になっている公共インフラ維持保全等公共分野のCREM業務でも、継続的に同社が選定されている。

2022年3月期通期については、売上高は前期比0.7%増の42.70億円、営業利益は同1.1%増の9.20億円、経常利益が同1.0%増の9.20億円、当期純利益が同2.8%増の6.38億円、配当は2円増の28円を見込んでいる。

なお、2021年3月期配当について、2021年4月19日に公表した業績予想を上回り、また、配当方針における配当性向50%へ更に近づけるため、1株につき0.5円増配することとし、この結果、1株当たり配当金を26円(配当性向49.7%)へ修正することを発表した。



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up