for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

プロネクサス---21年3月期増収、期末配当金の増額を発表


*14:15JST プロネクサス---21年3月期増収、期末配当金の増額を発表
プロネクサス
7893は14日、2021年3月期連結決算(IFRS)を発表した。売上収益が前期比2.3%増の249.97億円、営業利益が同18.1%減の21.30億円、税引前利益が同8.3%減の25.03億円、親会社の所有者に帰属する当期利益が同8.4%減の16.91億円となった。

上場会社ディスクロージャー関連の売上収益は前期比5.8%増の108.80億円となった。株主総会招集通知のカラー化による増収に加えて、開示書類作成アウトソーシングサービスの増収も寄与した。また、国内証券市場の株価回復を背景にファイナンス・IPO関連製品の受注規模が拡大した。

上場会社IR関連等の売上収益は前期比4.3%増の64.00億円となった。株主通信の減収に加えて、コロナ禍において対面形式のイベント・セミナー中止等の一部マイナス影響があった。一方、コーポレートガバナンス・コードへの対応を背景として、英文翻訳サービスの受注が増加したほか、2019年10月1日付で連結子会社化した、Web制作会社のレインボー・ジャパンの売上収益も加わった。

金融商品ディスクロージャー関連の売上収益は前期比4.2%減の66.29億円となった。金融商品関連製品の印刷物の受注が、前期の消費税率改定に伴うスポット需要の反動により減少した。また、投資信託市場は、一部ファンドの新規設定減や電子化の進展等により、目論見書の受注ボリュームが縮小したほか、資金調達需要の変化を受け外国債券関連製品も減収となった。

データベース関連の売上収益は前期比1.3%減の10.88億円となった。企業情報データベース、経済・産業情報データベースともに新規開拓の一方で一部解約や単価のダウンがあった。

2022年3月期通期の連結業績予想については、売上収益が前期比2.0%増の255.00億円、営業利益が同3.3%増の22.00億円、税引前利益が同12.1%減の22.00億円、親会社の所有者に帰属する当期利益が同10.1%減の15.20億円を見込んでいる。

また、同日、2021年3月期の期末配当金について、当期業績が当初予想を上回る水準となったことを勘案し、前回予想比1.00円増配の16.00円に修正することを発表した。この結果、当期の1株当たり年間配当金は、中間配当金17.00円(うち2.00円は創業90周年記念配当)と合わせて、前期比3.00円増配の33.00円となる。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up