for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

コプロHD Research Memo(2):社名「コプロ」の由来は「応えるプロ」


*15:02JST コプロHD Research Memo(2):社名「コプロ」の由来は「応えるプロ」
■会社概要

1. 会社概要
コプロ・ホールディングス
7059は建設業界を中心とする人材派遣・紹介事業(建設技術者派遣・紹介事業)を展開している。さらにM&Aを活用して機械設計・開発分野の派遣事業に進出した。総合エンジニア派遣企業へと変貌を遂げることで、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に取り組み、東証の市場再編(2022年4月予定)で新設されるプライム市場の上場維持基準への適合を目指すとしている。

社名「コプロ」の由来は「応えるプロ」である。技術社員一人ひとりを大事にするという創業の思いに立ち、目指す姿に「一人ひとりの心に点火する『人づくり』企業になる」を掲げ、派遣先及び技術社員との間での強固な信頼関係を構築している。

2021年3月期末時点の本社所在地は名古屋市中村区、総資産は8,514百万円、資本金は30百万円、自己資本比率は73.7%、発行済株式数は10,000,000株(自己株式446,334株含む)、グループ従業員数(正社員・派遣社員)は2,280名である。

グループ会社は同社(持株会社)、及び連結子会社2社(事業会社の(株)コプロ・エンジニアード、ASEAN地域を統括する中間持株会社COPRO GLOBALS PTE. LTD.)で構成されている。なお2021年4月にベトナムでの事業会社として孫会社となるCOPRO VIETNAM CO., LTD.を設立した。また機械設計・開発エンジニア派遣のアトモス(名古屋市中村区)の全株式を取得して子会社化した。

2. 沿革
2006年10月(株)トラスティクルーを名古屋市に設立、2008年3月(株)コプロ・エンジニアードへ社名変更、2015年5月持株会社体制に移行して(株)コプロ・ホールディングスへ社名変更、2019年3月東証マザーズ及び名証セントレックスに新規上場、2020年9月東証1部及び名証1部に市場変更した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《AS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up