for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

コニシ Research Memo(1):国内トップクラスの接着剤メーカー。シェアアップに加えM&Aも活用し事業拡大中


*15:11JST コニシ Research Memo(1):国内トップクラスの接着剤メーカー。シェアアップに加えM&Aも活用し事業拡大中
■要約

コニシ
4956は、「ボンド」ブランドで知られる国内トップクラスの接着剤・シーリング材メーカーである。一般家庭用が有名であるが、産業用、住宅・建材用、建築・土木用と幅広い製品をそろえており、主たる市場は住宅・建築・土木関連である。

1. 2021年3月期の業績動向
2021年3月期の業績は、売上高133,736百万円(前期比1.1%減)、営業利益7,285百万円(同2.4%増)、経常利益7,428百万円(同2.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益4,934百万円(同7.6%増)となった。土木建設事業は堅調であったが、主力のボンド事業が新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ過)の影響もあり減収となったことから、全体も減収となった。しかし土木建設事業が好調だったことや、販管費の削減、原材料費が低下したことなどから営業利益は増益となり、過去最高を記録した。セグメント別では、主力のボンド事業は減収減益となったが、土木建設事業は増収増益となった。化成品事業は、コンデンサ向けが好調だった子会社の丸安産業(株)以外はすべて低迷し減収となったが、原材料費の低下によりセグメント利益は増益となった。設備投資額は3,747百万円、減価償却費は1,810百万円であった。

2. 2022年3月期の業績見通し
2022年3月期の業績は、売上高109,500百万円(前期比※2.3%増)、営業利益7,200百万円(同1.7%増)、経常利益7,500百万円(同1.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益4,940百万円(同0.2%増)が予想されている。ボンド、化成品は2021年3月期下期からの流れを受けて増収見込みだが、工事事業(旧 土木建設事業で工事請負を担っていた子会社5社のセグメント)は2021年3月期の反動もあり減収予想となった。利益も同様で、ボンド、化成品は増益予想となったが、工事事業は事業環境については悪くないものの2021年3月期の反動を受けて減益の見込みとなった。営業利益は前期比1.7%増予想となったのは、主に2021年3月期は例年に比べ押さえられていた販管費が2022年3月期は従来の水準に戻り前期比増となるためである。設備投資額は、子会社であるサンライズ(株)の小山工場関連を含めて、全体で8,295百万円、減価償却費は2,214百万円の見込み。年間配当は2021年3月期と同じ40円を維持する方針である。

※2022年3月期より「収益認識に関する会計基準」等を適用するため、前期比数値もこれに合わせて修正して記載。


3. 中期経営計画
同社は「中期経営計画2021」を推進してきたが、コロナ過の影響を受け目標達成が難しくなってきたため、計画をいったん白紙とした。数値目標は、2021年3月期に売上高1,500億円(2018年3月期比16.7%増)、営業利益86億円(同18.8%増)、営業利益率5.7%(同0.1ポイント増)、ROE9.0%(同0.4ポイント増)であった。現在は、同社設立100周年となる2025年3月期を最終年度とする、新中期経営計画(2023年3月期~2025年3月期)を策定中であり、発表は2022年春頃を予定している。この新中期経営計画の内容がどのようなものになるか、注目である。

■Key Points
・国内最大級の接着剤・シーリング材メーカー。向け先は住宅用、産業用、土木建築用等幅広い
・2022年3月期はコロナ禍の影響で先行き不透明ながら2021年3月期並みの利益を目指す
・推進していた「中期経営計画2021」はいったん白紙とし、新中期経営計画を2022年春に発表予定

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up