for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

三光MF Research Memo(2):首都圏を中心に飲食チェーンを展開


*15:22JST 三光MF Research Memo(2):首都圏を中心に飲食チェーンを展開
■会社概要

1. 会社概要
三光マーケティングフーズ
2762は「価値ある食文化の提案」を企業理念として、首都圏を中心に飲食チェーンを展開している。2008年のリーマンショック以降の事業環境変化に対応して、従来の主力であった大型店舗の総合型居酒屋業態を縮小し、小型店舗の大衆酒場・日常食業態、官公庁を中心とする飲食施設の運営受託、沼津我入道漁業協同組合との業務提携による水産事業プロジェクトなどへ、事業ポートフォリオ転換を進めている。

2021年6月期第3四半期末時点の総資産は2,355百万円、資本金は2,912百万円、自己資本比率は21.6%、発行済株式数は15,826,500株(うち自己株式数4,500株)である。本店所在地は東京都中央区新川一丁目(本社機能は東京都新宿区高田馬場一丁目)である。

2. 沿革
1975年9月創業(JR神田駅のガード下でカレーと牛丼の「三光亭」開業)で、1977年4月に有限会社三光フーズを設立、1983年2月に組織変更して株式会社三光フーズを設立した。

1998年12月に個室を導入した「東方見聞録」新宿中央東口店を開店するなど、都心繁華街立地の空中階・地下階大型店舗の総合型居酒屋業態を主力として業容を拡大し、2002年10月に社名を株式会社三光マーケティングフーズに変更、2003年3月に日本証券業協会ジャスダック市場に株式を店頭登録、2004年9月に東京証券取引所市場第2部に株式上場した。

その後2008年のリーマンショック以降の事業環境変化に対応し、2014年以降は郊外住宅街立地の大衆酒場・日常食業態などの低投資・路面型小型店舗の出店を推進している。そして従来の主力であった総合型居酒屋業態の閉店を加速する一方で、2020年からは官公庁を中心とする飲食施設の運営受託を拡大し、2020年9月に業務提携した沼津我入道漁業協同組合との水産事業プロジェクトも推進している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up