for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

グローセル Research Memo(6):新商材「STREAL」事業の確立で中長期の成長を図る


*15:06JST グローセル Research Memo(6):新商材「STREAL」事業の確立で中長期の成長を図る
■中長期成長戦略

1. 中長期の成長戦略と新中期経営計画「SSG 2021」の概要
グローセル
9995は2019年5月に、2020年3月期−2022年3月期までの3ヶ年中期経営計画として、持続的成長可能な企業を目指す新中期経営計画「SSG 2021」を発表した。この「SSG 2021」のネーミングは、「Semiconductor(半導体)とSensor(センサー)でGlobal(グローバル)にGrowth(成長)する」に由来している。これまでの同社の主力商材であるSemiconductorに加えてSensorという新商材を中期経営計画に冠したことは、この新商材の成功に自信を深めている証左と言えるだろう。

当初の「SSG 2021」の定量的目標は、2022年3月期に売上高912億円、営業利益16.1億円であったが、足元でコロナ禍の影響が発生したことから、それまでの目標を一旦白紙とした。その後、新たに外部環境に左右されない経営指標として、2023年3月期に売上規模800億円、(ルネサスエレクトロニクス製品600億円、CSBほか200億円、うち「STREAL」30億円)、営業利益率2.0%を掲げた。現時点においてはこの目標数値に変更はないが、目標時期を1年遅れの2024年3月期とした。会社は「コロナ禍の影響もあり先行きは不透明であるが、この目標達成は十分可能である」と述べている。

定量的目標と時期は変更されたが、定性的な目標は変わっておらず、この間も以下のような取り組みを粛々と進める計画だ。

(1) 「ルネサスエレクトロニクス製品」を軸に、重点分野である自動車・産業分野での拡販を推進
(2) 「新商材・新規ビジネス」の取り組み強化
(3) 「STREAL」事業の一層の推進と拡大
(4) 国内・海外の連携強化による海外ビジネスの拡大
(5) 特約店との連携強化による一体となった営業活動強化
(6) 更なる技術力強化(One Stop Solutionへの取り組み)
(7) コロナ禍対策:時差出勤、在宅勤務、特別休暇付与等を実施し、社員の安全と雇用の確保を優先
(8)  「Society 5.0」を支える技術革新に積極的に取組み、CSR活動を通じてSDGsの達成に貢献、強固なコーポレートカルチャーを確立

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up