for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

レカム Research Memo(5):「ReSPR」に次ぐグローバル戦略商品の第2弾、第3弾を開拓し、事業拡大を図る


*15:35JST レカム Research Memo(5):「ReSPR」に次ぐグローバル戦略商品の第2弾、第3弾を開拓し、事業拡大を図る
■今後の成長戦略について

レカム
3323では、グローバル専門商社構想として、今後の事業展開を4つのステージにポジション分けし、併せて投資・M&Aの基本的戦略を明示している。それによると、投資・M&Aは既存事業と同業であり直接的なシナジーが見込めるものとしている。「Stage1」=現地日系企業へのLED照明販売、「Stage2」=現地日系LED顧客企業へのIT&エネルギーソリューション提供、「Stage3」=IT&エネルギーソリューションを現地欧米系及びローカル企業向けに展開、「Stage4」=ローカル企業向けに新たなソリューションを展開するというステージを駆け上がっていくことで事業を急拡大させる戦略である。そして、グローバル戦略商品第1弾の「ReSPR」はローカル企業への販売を通じて顧客基盤を獲得していくという「Stage4」に該当する展開であることに注目している。同商品の販売が軌道に乗れば、大きなマーケットと大きな商材を手にすることができる。また、「ReSPR」は、世界のグローバル市場に対して同時に販売することができることから、売上高・利益の最大化が可能である。このため、今後の「ReSPR」の販売動向に注目したい。また、「ReSPR」に次ぐグローバル戦略商品の第2弾、第3弾を開拓することで、事業拡大を図ることとしている。

成長戦略を実行していくうえで重要となるのがグローバル人財の育成である。そのために、自主選択型ジョブローテーション制度導入、経営幹部の再チャレンジ制度、女性社員の積極活用などを取り入れ、国籍・性別・年齢に拘らない多種多様な人財採用を行っていく。また、社員1人当たり年間100時間の教育研修を実施し、グループ共通評価報酬制度の導入も進めている。営業ノウハウの共有を図るため、オンラインツールを有効に活用している。各国での成功体験や営業トーク・商談など、営業ノウハウ情報の共有とレクチャーが容易となる。また、近年の高度翻訳システムを活用することによって、ローカル社員や海外取引先とのコミュニケーションが円滑化することを見込んでいる。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up