for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

テノックス Research Memo(4):強みは技術力、「折り込む力」、施工力


*15:24JST テノックス Research Memo(4):強みは技術力、「折り込む力」、施工力
■事業概要

3. ビジネスモデルと強み
このようにテノックス
1905は、杭と地盤改良というカテゴリーの異なる2つの工法で工事を行うことができる。しかも、工学博士から各種技術士、管理技士、測量士など有資格者を多く抱え、各種機関や企業ともタイアップして技術開発を怠らない。その結果として、テノコラム、ガンテツパイル、TN-X、ATTコラムなどの技術を大手有力企業・団体と共同で開発した。もちろん、ほかにも様々な工法を取り入れ、諸々の現場に対応することができる。さらに2020年度になって、積極的なM&Aや業務資本提携により工法メニューや事業領域を広げている。このようにカテゴリーの異なる2つの工事で、様々な工事に対応できる技術力は、同社の強みとなっている。

ところで、建築構造物や土木構造物の建設は、通常ゼネコン(元請)が下請けを取り仕切って進める。基礎工事に関わる事業者もゼネコンから発注を受けるが、基礎工事は最初にして最重要の工程であるため、発注を前に設計専業者から直接引き合いが来ることが多い。同社は、その際に設計専業者に技術をアピールし工法を提案することができる。その後、設計専業者の描いた図面により発注者(施主)がゼネコンに発注し、ゼネコンは専業企業である同社に(100%とは言えないが)発注し、同社は工事完成後にゼネコンに引き渡すという流れになる。このように同社は、請負契約上はゼネコンの下請けということになるが、バリューチェーンという観点からは設計専業者と直接つながる形になっており、同社の豊富な経験とノウハウを背景に、同社の技術提案が設計に反映されることが多いようだ。これを同社は「折り込む力」と呼び、基礎工事業界での強みとなっている。

同社は、業界のパイオニアかつリーディングカンパニーとして、高い施工品質が求められる。そうした施工品質を実現するため、携帯端末やWeb上で施工状況をリアルタイムで確認できる施工管理装置「VCCS」を開発し、すでに多くの現場に導入され、施工品質の安定性向上に貢献している。また、テノコラム工法に関しては、施工品質を早期に確認する「促進養生システム」を開発。工事開始直後に4週後の強度を予測することができるため、施工上の安全・安心につながっている。さらに、子会社で工事技能者集団や機材を提供することができるため、工程に合わせた確実な工事進行が可能となっている。以上のように同社には、様々な条件に対応する工法を開発・運用する技術力、設計専業者に直接設計を提案する「折り込む力」、品質管理に加え安全・安心・確実に工事を進行する施工力といった強みがある。同社のビジネスモデルは、こうした強みを背景に、設計から施工まで一貫した体制で臨むところに特長がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up