for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アドバンクリエ Research Memo(6):収益拡大により財務体質が改善


*15:16JST アドバンクリエ Research Memo(6):収益拡大により財務体質が改善
■業績動向

3. 財務状況と経営指標
アドバンスクリエイト
8798の2021年9月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比838百万円増加の11,151百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現預金が357百万円減少した一方で、売上債権が656百万円、未収入金が631百万円それぞれ増加した。また、固定資産では差入保証金が142百万円減少した。直営のコンサルティングプラザは、2020年12月に「保険市場 梅田ディアモールコンサルティングプラザ」を閉店し、「保険市場 梅田阪急コンサルティングプラザ」に統合した結果、全国11拠点となった。梅田ディアモール店はコンサルティングプラザの中で唯一、商業施設の地下街に出店していたが、市場環境の変化や生産性に鑑みて閉店統合することとした。これで直営店については、すべて主要政令都市等のターミナル駅付に立地するランドマークビル内の空中店舗となった。

負債合計は前期末比247百万円増加の4,950百万円となった。主に流動負債における未払法人税等が311百万円増加したことによる。また、前期にコロナ禍による不測の事態に備えるため社債を発行したことにより増加していた有利子負債(リース債務含む)については161百万円減少している。純資産合計は前期末比590百万円増加の6,200百万円となった。配当金の支払い275百万円があった一方で、親会社株主に帰属する四半期純利益759百万円の計上と、新株予約権の行使によって113百万円を調達したことが増加要因となった。なお、第9回新株予約権については2021年6月14日付ですべての行使が完了したことを発表している。

経営指標を見ると、安全性を示す自己資本比率は前期末の54.4%から55.6%と若干上昇し、有利子負債比率は同28.1%から22.9%に低下した。収益拡大によって自己資本が増加したことが主因で、財務体質の改善が進んだと言える。一方、収益性については経常利益率で20.2%と前年同期の14.7%から大きく上昇している。前述したように、特に第2四半期における収益性の上昇が顕著となっており、第3四半期以降も高水準が続くものと期待される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up