for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

三洋化成工業---−AIを応用した「匂いセンサー」を活用した日本酒造り 都鶴酒造と共同研究を開始


*15:01JST 三洋化成工業---−AIを応用した「匂いセンサー」を活用した日本酒造り 都鶴酒造と共同研究を開始
三洋化成工業
4471は13日、AI技術を応用した「匂いセンサー」を活用した新しい日本酒造りを目指し、都鶴酒造と共同研究を開始したと発表した。

「匂いセンサー」は、同社と長瀬産業
8012が共同で事業化に取り組んでいる、匂いを識別する人工嗅覚技術。匂いを数値として可視化し、さまざまな分野でソリューションの提供を目指し、その一つに日本酒造りへの活用を検討している。

同社は、界面制御技術を織り込んだ樹脂材料を用いて、嗅覚受容体に相当するプローブの開発を行っている。界面活性剤および機能性高分子に関する技術と知見を活かし、独自の組成設計に基づいた樹脂材料により、匂いの識別を可能にする高精度なプローブの実現を目指すとしている。

都鶴酒造は、京都伏見で江戸時代から続く酒蔵。少量高品質なこだわりの酒造りを行う。これまで醸造工程は職人の感覚で行っていたが、「匂いセンサー」を日本酒の醸造工程に活用することで、安定した品質管理や製造工程の省力化につなげ、香りの観点によるマーケティングで新商品開発への活用を目指す。
得られたデータはプローブの機能付与、「匂いセンサー」改良開発に反映し、「匂いセンサー」早期実用化につなげていくとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up