for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アクセル Research Memo(2):パチンコ・パチスロ機向けファブレス半導体企業から先端テクノロジー企業へ(1)


*15:22JST アクセル Research Memo(2):パチンコ・パチスロ機向けファブレス半導体企業から先端テクノロジー企業へ(1)
■事業概要

1. 事業内容
アクセル
6730は遊技機器(パチンコ、パチスロ)に搭載される液晶ディスプレイに画像を映し出すG-LSIで市場シェアの約50%を握るトップメーカー。製造は外部に委託するファブレス企業で、研究開発・販売戦略に特化している。全体の売上高に占めるパチンコ・パチスロ機向けG-LSIの比率は2021年3月期で約33%だが、利益に関しては多くを同LSIで稼ぎ出していると見られる。その他の製品では、パチンコ・パチスロ機向けのメモリモジュール、LEDドライバのほか、建設機械や医療機器など組込み機器向けG-LSIの開発・販売を行っている。

また、パチンコ・パチスロ機向けG-LSIの開発で蓄積してきたアルゴリズム・ハードウェア・ソフトウェアの開発力を活かして、AIソリューション等の新たな事業領域へ展開すべく、2019年5月にax(株)を子会社として設立した。また、axによって同年6月にソフトウェア開発を行うbitcraft(株)、同年8月に画像認識・処理技術の開発を行うモーションポートレート(株)を相次いで完全子会社化している(bitcraftは同年10月、モーションポートレートは2020年12月にaxが吸収合併)。

また、2020年11月に、パチンコ・パチスロ機向け次世代メモリの開発販売を目的に富士通デバイス(株)(現、NVデバイス(株))と合弁でaimRage(株)を設立した(出資比率70%)。富士通デバイスとは従来からパチンコ・パチスロ機向けメモリ製品の仕入先として取引関係があり、今回の合弁会社設立によってメモリビジネスの安定化、拡大を目指していく。2022年3月期から連結対象子会社となる予定だ。そのほか非連結子会社として2018年に子会社化(非連結対象)したブロックチェーン開発支援やマイニングハードウェアの開発販売を行う(株)VIPPOOLを有している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up