for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

プロネクサス Research Memo(3):IRも含めた企業の情報開示をトータルコーディネート


*15:13JST プロネクサス Research Memo(3):IRも含めた企業の情報開示をトータルコーディネート
■今後の展開

今後の展開では、従来の開示業務プロセス支援やIR支援に加え、BPOサービス分野を開拓するなど、川上から川下までトータルでサポートを行い、ビジネスの裾野を広げることで1社当たりの受注単価アップを見込む。開示支援BPOサービスは、2015年3月期にスタートして以来、既に累計で137社の契約実績がある。有価証券報告書、株主総会招集通知などの作成支援だけではなく、IRも含めた企業の情報開示をトータルコーディネイトする企業としてプロネクサス
7893のプレゼンスは高まっていきそうだ。

上場会社IR関連等については、Webサービスに対するニーズの高まりや海外投資家の増加に対応することによって、ビジネスが拡大するものと思われる。なかでも、英文IRサービスは、英文株主総会招集通知を作成している企業のうち、シェア約30%に当たる約500社を確保。英文で通知している企業は、上場企業全体のうち3分の1程度だが、今後、東京証券取引所が進める市場改革において、最上位の市場では英文開示が選定基準の1つになる可能性が指摘されているだけに、これが追い風となるだろう。英文決算短信については、2021年3月期は約1,180件を請負い、1年で約130件増加した。

株主総会関連については、企業と株主をつなぐ対話プラットフォームサービス「エンゲージメントポータル」を、三菱UFJ信託銀行と共同で開発した。本サービスは三菱UFJ信託銀行が、同行で証券代行業務を受託している法人に対し、2021年12月の株主総会からサービスを開始。プロネクサスは連携して映像配信などの株主総会支援サービスを提供する。これは、参加型だけではなく、議決権を行使する出席型のバーチャル株主総会にも対応が可能。法制面などの問題から、広がるには時間がかかりそうだが、将来的には株主総会関連の強力なツールとしてニーズが高まると想定される。

一方、今後も領域拡大に向け、成長投資を積極的に進める考えである。2021年3月期実績でDX対応に向けたシステム投資は1,213百万円、成長分野における専門部署の従業員数は約440人と、過去5年でそれぞれ約2倍に拡大した。今後も、ペーパーレス社会の進展とともに、非印刷事業関連への成長投資を進める。



■株主還元

配当金については、2021年3月期が年間33円だったが、この配当性向は52.5%。今後も配当性向50%以上を目標としており、2022年3月期は56.2%で32円を見込むことになる。さらに、過去10年間で自社株買いを1,074万株実施した。この間の消却株数は約1,261万株で、発行株式数の約41%に相当する。今後も株主還元について積極的に取り組む意向だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野文也)


《AS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up