for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

今週のマーケット展望「日経平均予想は26200~27300円」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)(訂正)


*12:11JST 今週のマーケット展望「日経平均予想は26200~27300円」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)(訂正)
下記のとおり修正します。
(誤)世界中から突然の存在がこんなにも惜しまれる
(正)世界中からその存在がこんなにも惜しまれる




皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。

安倍元首相の悲しい事件から3日が経とうとしていますが、悲しい気持ちが拭えない朝です。アベノミクス相場という、明るく前向きなで、日本経済にとって本当に貴重な一時代を築いてくださいました。様々な思想をもつ各国の尖ったリーダー達からもこれほど信頼され、世界中からその存在がこんなにも惜しまれる外交力やお人柄にも、偉大さをひしひしと感じています。安倍元首相のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、7月11日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。


広木さんはまず、安倍元首相に向け、『安倍晋三・元首相のご冥福を心よりお祈り申し上げます。アベノミクスを主導された安倍・元首相は間違いなく日本経済の救世主でありました。アベノミクスの大相場を体験できたことは、僕自身の相場人生の中で五指に入る重大イベントでした。本当にありがとうございました。どうぞ安らかにお眠りください』と、大きな感謝との追悼の意を示しています。

そして、『日本列島が悲しみにくれるなか、時間だけは確実に進む。マーケットも週明けにはオープンし、新たな値を刻んでいく。衝撃的な事件の後遺症で市場心理も明るくはならないだろう。それでも、いや、こういう事件の後だからこそ我々はポジティブな面に意識的に目を向けるべきだろう』と続けています。

また、週末の参院選について、『本稿執筆現在、参院選の結果は判明していないが、自民党の圧勝は間違いないだろう』として、『これは素直に日本株式市場にとって好材料だ。先週末の米国市場でナスダック総合や日経平均先物が上昇したことと併せて考えると、週明けの東京市場は買い先行で始まりそうだ』と予想。

8日の引け後に開示された安川電機
6506の好決算についても、『追い風となろう』と考察しています。

さらに、『向こう3年大きな選挙はないため、今回の参院選勝利で岸田政権が長期政権となるレールが敷かれた』として、『岸田政権は発足当時、反市場的と受け止められるようなところもあったので僕も批判的であったが、その後軌道修正し現在はポジティブである。資産所得倍増プラン、積極財政、それに日銀の金融緩和、現在の政策はすべて正しい方向にアドレスしている。政権の安定、正しい政策、インフレ、この3つの要素がそろっている日本はまさにon the right trackである』と見解を述べています。

『日本の政治にとって、いざという時は安倍さんの再登板、という「最後の切り札」がもう使えなくなったというマイナス材料は大きいが、今の岸田政権であれば当面、政治リスクは少ないだろう。憲法改正に一気に傾斜していくというシナリオの可能性は高くないと見る』と、広木さんはみているようです。

そんな中、『今週は注目の物価指標が米国で相次ぐ』として、『13日の6月CPI、そして15日の7月ミシガン大学消費者マインド指数だ』とスケジュールを伝えています。

注目点は、『CPIはともかく、ミシガン大学消費者マインド指数はその期待インフレ率に注目が集まるだろう。前回のFOMCで0.75%の利上げを決めた理由として挙げられたのが、同調査での期待インフレだっただけに、今回も市場の大注目材料となるだろう』とのことです。

さらに、『いよいよ米国ではQ2(4−6月期)の決算発表が始まる』として、『JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー(14日)、シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、ブラックロック(15日)などの金融機関が先陣を切る。その他ではペプシコ(12日)、デルタ航空(13日)、ユナイテッドヘルス(15日)なども決算を発表する』と主要決算を挙げ、『こうした環境のなか、日経平均は緩やかに戻りを辿るだろう』と見解を述べています。


参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up