for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

芙蓉リース Research Memo(5):2022年3月期は過去最高益を更新。中期経営計画も全項目で超過達成(2)


*16:05JST 芙蓉リース Research Memo(5):2022年3月期は過去最高益を更新。中期経営計画も全項目で超過達成(2)
■芙蓉総合リース
8424の決算動向

4. 各戦略分野における実績(前中期経営計画)
(1) 不動産
2022年3月期末の「営業資産残高」は6,449億円と5年間で約2.7倍に拡大し、増額修正目標(5,300億円)を大きく上回った。ユーザーやアライアンス先などのディールソースの多様化が進んだほか、資産回転ビジネスの高度化により収益性も向上し、業績全体の伸びをけん引した。

(2) エネルギー・環境
2022年3月期末の「再エネ発電容量」は308MWdc(自社グループ事業とエクイティ投資持分の合計)と5年間で約3.6倍に拡大し、目標値(200MWdc)を大きく上回った。特にアライアンス先との共同投資により、「ファイナンス」から「事業」への転換を進めたほか、太陽光・風力を中心とする海外展開も強化してきた。また、PPAサービスや蓄電池ビジネスなど、ポストFIT時代を見据えた新たなサービスにも取り組んだ。

(3) 航空機
2022年3月期末の「自社保有機体数」は44機と5年間で約2.3倍に拡大した。コロナ禍の影響を含め、厳しい市場環境※が続くなかで、良質な案件(エアライン・機種)を選別した着実な積み上げを推進するとともに、若齢機・ナローボディを中心とした健全な機体ポートフォリオを維持してきた。また、パーツアウトビジネスなど周辺事業の拡大を進め、航空機ビジネスにおけるバリューチェーン構築に着手した。

※ただし、ロシア向け航空機リース契約はないもよう。


(4) 海外
2022年3月期末の「営業資産残高」は966億円と5年間で約1.1倍に拡大した。インオーガニック戦略を進め、北米を中心に収益基盤を拡充した一方、シンガポール・台湾・タイに拠点を開設し、強みである戦略分野(不動産、エネルギー環境)を中心とした事業展開を加速してきた。

(5) 医療・福祉
2022年3月期末の「FPSメディカル残高」は233億円と5年間で約7.5倍に大きく拡大した。「芙蓉リースプラットフォーム構想」に基づくサービス提供体制の拡充を推進し、その一環として、グループの医療・福祉分野の製品・サービスを一元的に提供可能なグループ共通のWebサイトの開設などを進めてきた。また、アクリーティブのFPSメディカルは地域金融機関との連携が拡大し、診療・介護報酬等のファクタリングが大きく伸びてきた。

(6) BPO(新領域)
新領域として注力しているBPOについては、中核会社(アクリーティブ、インボイス、NOC)の経常利益合計(のれん償却前)は58億円(2022年3月期)に上り、新たな収益の柱に成長してきた。特に、積極的な機能強化によるサービス提供体制の構築※を進め、「人手不足」や「働き改革」への対応など企業の抱える経営課題のソリューションとして、拡大するマーケットでの事業展開を加速してきた。

※2021年6月にNTTコミュニケーションズ(株)との協働により、経理部門の完全テレワーク化をサポートするサービスを開始したほか、2021年10月にはクラウド・パッケージを中心としたITソリューションを提供するWorkVisionを連結化し、BPOメニューの拡充に加え、ICTソリューション機能の強化を図った。


(7) モビリティビジネス(新領域)
もう1つの新領域であるモビリティビジネスについても、2022年3月期末の「営業資産残高」は1,641億円と5年間で約1.7倍に拡大した。2020年4月に実施したヤマトリース子会社化などを通して、オートリース事業を「モビリティビジネス」として再定義するとともに、アライアンス先との連携によりEV領域におけるサービス強化を推進し、次期中計に向けた足がかりを築いた。

5. 2022年3月期の総括
以上から、2022年3月期を総括すると、期初予想を大きく上回るとともに、中期経営計画も超過達成した業績面はもちろん、戦略面においても、中期経営計画の最終年度として、戦略分野の拡大や新領域への挑戦に取り組み、事業構造の変革を進めたところは、今後に向けても大きな成果を残したと評価できる。特に、リース業界における環境変化が進むなかで、他社との連携を含め、主体的に同社主導の事業を創出し、収益性の高い資産への入れ替えを図ってきたところや、BPOやICT分野、並びにEV・FCVを見据えたモビリティ分野など、成長性の見込める新領域を強化し、新たなビジネスモデルの構築を進めたところは、次の中期経営計画においてさらなる発展を目指すうえでも、評価すべきポイントと言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up