for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

芙蓉リース Research Memo(8):2023年3月期も引き続き増益を見込む


*16:08JST 芙蓉リース Research Memo(8):2023年3月期も引き続き増益を見込む
■業績予想

1. 2023年3月期の業績予想
2023年3月期の業績予想について芙蓉総合リース
8424は、売上高を前期比6.4%増の7,000億円、営業利益を同11.9%増の515億円、経常利益を同6.2%増の560億円、親会社株主に帰属する当期純利益を同6.2%増の360億円と増収増益を見込んでいる。

新中期経営計画の初年度となる2023年3月期は、引き続き好調な「不動産」や「エネルギー環境」を中心とする「営業資産」の積み上げのほか、WorkVisionの連結効果を含む、「BPO/ICT」の伸び(ノンアセット収益の拡大)が増益に寄与する想定と見られる。また、全体のROAについても、収益性を重視したアセットコントロールやノンアセット収益の拡大によりさらなる改善を図っていく。

2. 弊社アナリストによる注目点
弊社でも、前中期経営計画を通じた営業資産の積み上げや、「BPO/ICT」、「モビリティ」といった新領域の強化が図られてきたことから、さらなる増益基調の継続は十分に可能であると見ている。新中期経営計画の初年度ということから、急激な収益構造の変化は想定されないものの、目指すべき収益ポートフォリオの進化に向けて、成長ドライバーとなるRT及びAT分野をどのように強化していくのか、そのプロセスに注目していきたい。また、「社会課題の解決」に向けた取り組みについても、非財務目標として掲げたKPIの進捗をフォローするとともに、市場の創出や競争力の強化、新たなビジネスモデルの構築などにいかに結び付け、経済価値(利益成長等)との連動を図っていくのか、その道筋についても中長期視点から注目すべきポイントと言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up