for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

日本BS放送---22年8月期増収、新規事業・コンテンツ開発、効果的な広告宣伝・広報施策を実施


*14:14JST 日本BS放送---22年8月期増収、新規事業・コンテンツ開発、効果的な広告宣伝・広報施策を実施
日本BS放送
9414は7日、2022年8月期連結決算を発表した。売上高が前期比2.0%増の122.50億円、営業利益が同10.3%減の23.94億円、経常利益が同12.6%減の23.95億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同14.3%減の15.99億円となった。

レギュラー番組では、新たに5番組の放送を実施したほか、『報道ライブ インサイドOUT』の大幅リニューアルを行った。更に、バラエティやドラマコンテンツの製作委員会に参画する等、コンテンツの拡充・強化に努めた。

特別番組では、『楽しく1万歩!小京都日和』等、紀行や教養、スポーツ等の様々なジャンルの番組を多数放送した。また、『長崎離島ゴルフ旅 ~五島列島 宇久・小値賀~』等、ローカル局とのコラボレーション施策も引き続き積極的に実施した。

アニメ関連事業では、製作委員会出資作品を含む、毎クール40タイトル以上のアニメ関連番組を放送した。年末年始には、『Animelo Summer Live 2021 powered by Anison Days』をテレビ独占放送する等、人気作品の特別編成を行い、様々なファンのニーズに応えられるよう努めた。また、アニメイベントへの出展や協賛等の幅広い展開も実施した。

配信ビジネス等では、独自の動画配信サイトをリニューアルして会員登録制視聴サイト「BS11+」をオープンし、人気番組のアーカイブや自社制作番組関連のオンラインイベントを開催する等、ネット配信を強化した。このほか、番組関連グッズ等が購入できるBS11公式通販サイト「BS11SHOP」を開設した。

以上の施策により、放送に加え、配信事業等を通してより多くの視聴者ニーズに応えることができるよう、努めた。

2023年8月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比2.0%増の125.00億円、営業利益が同24.4%減の18.10億円、経常利益が同24.4%減の18.10億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同21.5%減の12.55億円を見込んでいる。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up