for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

データ・アプリケーション---サステナビリティ基本方針及び重要課題(マテリアリティ)の特定


*18:02JST データ・アプリケーション---サステナビリティ基本方針及び重要課題(マテリアリティ)の特定
データ・アプリケーション
3848は22日、持続可能な社会の実現と企業価値の向上に向けて、サステナビリティ基本方針を策定するとともに、事業活動を通じて優先的に取り組むべき課題として、環境・社会・ガバナンスの観点から8つの重要課題(マテリアリティ)を特定したことを発表。

基本方針については、「未来情報社会創造はひとりひとりの喜びから」を企業理念とし、社会インフラを支えるソフトウェアの提供によって社会の利便性・生産性向上に寄与することを目的に事業活動を行っていく。同社は、社員一人一人が、顧客や社会の課題に向き合い、重要課題として取組むことで、持続可能な社会の実現に向けて貢献し、「データと一緒にワクワクする未来へ!」を実現していく。

重要課題(マテリアリティ)については、(1)サービスを通じた環境負荷の軽減、(2)社会課題解決に向けた新分野での技術革新、(3)DE&Iの推進、(4)社員の能力開発と育成、(5)多様な働き方の推進、(6)地域の雇用創出、(7)サプライチェーンの人権尊重、(8)持続可能な事業基盤づくりの8つを特定。

同社は、今後は、重要課題に関する取り組みについて、新たに設置したSDGs推進委員会において行動計画を策定、進捗を管理していくとしている。


《NS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up