Reuters logo
31日の香港市場概況:小幅に8日続伸、上海株高などを受けて後場に切り返す
2014年7月31日 / 18:08 / 3年後

31日の香港市場概況:小幅に8日続伸、上海株高などを受けて後場に切り返す


*18:09JST 31日の香港市場概況:小幅に8日続伸、上海株高などを受けて後場に切り返す

31日の香港市場では主要指数のハンセン指数が小幅に8営業日続伸となり、前日比24.64ポイント高(+0.10%)の24756.85で取引を終えた。H株指数(本土企業株で構成)は同10.88ポイント高(+0.10%)の11130.20、レッドチップ指数(中資企業株で構成)は同21.67ポイント高(+0.46%)の4718.29だった。

ハンセン指数は終値で2010年11月8日以来、約3年9カ月ぶりの高値を連日で更新。足元の急ピッチな上昇を受けて短期的な過熱感が意識される中、総じて軟調な値動きを続けていたが、大引けにかけてプラス圏に切り返す展開となった。上海・香港間の株式相互取引が10月にスタートするとの見通しや、香港ドル相場の高止まりを受けた資金流入期待が引き続き支援材料となった。この日の上海株が後場に強含んだことも追い風となった。

ハンセン指数の構成銘柄では、本土系不動産セクターが大幅高。中国海外発展(00688/HK)が4.62%高、華潤置地(01109/HK)が3.64%高で引けた。浙江省の寧波市が新たに住宅購入制限の緩和に踏み切ると報じられたほか、バークレイズ・キャピタルが値ごろ感を指摘したことが買い材料視された。

半面、前日に大幅高となった香港系不動産セクターの一角が安い。うち恒隆地産(00101/HK)は1.64%反落した。同社が昼休み時間に発表した2014年6月中間決算は市場予想を上回ったものの、足元の株価上昇を受けた利食い売りが優勢となった。このほか、昆侖能源(00135/HK)など石油株も反落した。

ハンセン銘柄以外では、京信通信(02342/HK)が5.88%上昇。2014年6月中間決算で黒字転換する見通しを示したことが好感された。このほか、広州白雲山医薬(00874/HK)が3.55%値上がり。米ファイザーのED治療薬「バイアグラ」のジェネリック医薬品(後発医薬品)について、当局の製造認可待ち段階との報道が買い材料視された。


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below