for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ダイナムジャパンホールディングス---安定配当を維持、パチンコ市場の回復を見込む

*10:43JST ダイナムジャパンホールディングス---安定配当を維持、パチンコ市場の回復を見込む

ダイナムジャパンホールディングス

06889HK

が発表した2015年3月期決算概要によると、貸玉収入は、前期儀10.4%減の826,072百万円(約53,261百万香港ドル)だった。営業収入は同6.8%減の154,556百万円(約9,965百万香港ドル)、税引前利益は同43.6%減の19,518百万円(約1,258百万香港ドル)、純利益が同46.8%減の11,303百万円(約729百万香港ドル)だった。

2015年3月31日現在の店舗数は393店舗(14年3月末:375店舗)、一株辺り利益は15.2円(約1香港ドル)。なお、株主に対して安定した配当を出し続けることを重要な経営方針の一つに掲げている。期末配当については一株辺り7円(年間配当14円)を取締役会において決議している。

純利益は46.8%減少したが、配当を減らしていない。これは、グループは、今後の市場状況にまだ自信を持っていることを反映している。今年度後半からのパチンコ業界の市況回復を見込んでいるほか、より多くの顧客を引き付けるために、グループはすでに40軒の高賭けのパチンコホールをリフォームし、またペイアウト率を増加している。さらに、今年度の前半は、他の80軒のパチンコホールをリフォームする予定であり、顧客の囲い込みを図る。

《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up