Reuters logo
4日の香港市場概況:ハンセン指数は小幅安、欧州株安などが嫌気される
June 4, 2015 / 10:01 AM / in 3 years

4日の香港市場概況:ハンセン指数は小幅安、欧州株安などが嫌気される


*18:55JST 4日の香港市場概況:ハンセン指数は小幅安、欧州株安などが嫌気される

4日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比105.58ポイント(0.38%)安の27551.89ポイントと反落する半面、本土企業株で構成されるH株指数は12.07ポイント(0.09%)高の14127.01ポイントと小幅ながら3日ぶりに反発した。売買代金は1952億3000万香港ドル(3日は1505億4600万香港ドル)。

上値の重い展開。急落していた本土株が値を戻すなか、香港の各指数もプラス圏に浮上したが、大引け近くに再びマイナスとなった(H株は小幅高)。取引時間中に始まった欧州の株安なども逆風。ギリシャの債務問題や米国の利上げ観測など、外部環境に不透明感がくすぶっている。

ハンセン指数の構成銘柄では、長江グループ2社株の下げが目立つ。旧・長江実業(現・長江和記実業)のグループ再編に伴い誕生した長江実業地産(1113/HK)が5.5%安、香港財閥系コングロマリットの長江和記実業(旧長江実業:1/HK)が3.1%安で引けた。他にも、香港拠点の不動産株が総じてさえない。

一方、H株銀行セクターは買われる。交通銀行(3328/HK)が5.5%高、招商銀行(3968/HK)が2.8%高、中国建設銀行(939/HK)が1.5%高と値を上げた。中国の銀行業で近く、民間資本を受け入れる「混合所有制改革」が始動すると報じられたことが支援材料となっている。なかでも交通銀行は、同行がモデルケースに選ばれ、他行に先駆けて実施される見通しだ。

【亜州IR】


《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below