Reuters logo
マカオ・カジノ株が軒並み安、銀河娯楽は3.8%下落
2015年11月18日 / 05:13 / 2年後

マカオ・カジノ株が軒並み安、銀河娯楽は3.8%下落


*14:07JST マカオ・カジノ株が軒並み安、銀河娯楽は3.8%下落
18日の香港マーケットでは、マカオ・カジノ銘柄の下げが目立つ。銀河娯楽(ギャ
ラクシー・エンターテインメント:27/HK)が前日比3.82%安の23.95香港ドル、MGMチャイナHD(2282/HK)が3.58%安の10.78香港ドル、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が3.21%安の27.10香港ドル、澳門博彩HD(880/HK)が2.09%安の6.08香港ドルで前場の取引を終了した。
カジノ収入の落ち込みを警戒。マカオ政府トップの崔世安・行政長官は17日の施
政報告で、2016年の域内カジノ収入が2000億パタカ(=香港ドル、約3兆1850億円)
にとどまるとの慎重な見通しを示したことが嫌気された。月間平均で166億パタカと
なる計算。今年1-10月の平均値(196億パタカ)を15%下回る水準だ。全体で見て
も、証券ブローカーのコンセンサス予想(2400億パタカ)より大きく下振れた。
マカオのカジノ業界は14年以降、厳しい経営環境に置かれている。中国の景気減
速や汚職取り締まりの強化が響いている状況だ。今年1~10月の累計カジノ収入は、
前年同期比35.5%減の1960億7400万パタカに縮小。10月単月では、28.4%減の200億
5900万パタカと、17カ月連続でマイナス成長を記録している。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below