November 27, 2015 / 6:43 AM / in 4 years

中信証券が4.3%安、証監会の調査を不安視


*15:39JST 中信証券が4.3%安、証監会の調査を不安視
27日の香港マーケットでは、中国ブローカー大手の中信証券(6030/HK)が急落。前日比4.28%安の17.88香港ドルで前場の取引を終了した。

当局の調査が懸念される。同社と国信証券(002736/SZ)は26日引け後、中国証券監督管理委員会(証監会)から調査を実施するとの通知を受けたとそれぞれ報告した。「証券会社監督管理条例」違反が疑われているという。ただ、両社ともに「会社の経営は正常」と強調した。

中信証券をめぐっては今年9月、程博明・総経理など複数の幹部が公安当局の取り調べを受けていることが明らかとなった。程氏らはインサイダー取引に関与した疑いがもたれている。一方の国信証券については、陳鴻橋・総裁が先月、自宅で自殺するという事件が起きた。自殺の動機は不明だが、「紀律違反」で調査中の張育軍氏(元証監会・主席補佐)との関係がうわさされている。陳総裁はかつて深セン証券取引所の副総経理を務めた経歴があり、その際の証取トップ(総経理)が張氏だった。

証監会はこれ以前にも証券会社に対する立ち入り調査を実施。今年1月には、中信証券など大手ブローカー3社に対し、規律違反があったとして信用取引口座の新規開設を3カ月間停止する罰則を適用している。国信証券も譴責処分を受けていた。

この日のマーケットでは、他の証券株も軒並み急落。華泰証券(HTSC:6886/HK)が6.1%安、広発証券(1776/HK)が5.5%安で前場を終えている。海通証券(6837/HK)は前場途中で売買を一時停止。停止前は前日比3.8%安で推移していた。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below