September 25, 2016 / 6:26 AM / 2 years ago

中国・騰訊HD(テンセント・ホールディングス)、VR(仮想現実)やAI(人工知能)に注力


*15:20JST 中国・騰訊HD(テンセント・ホールディングス)、VR(仮想現実)やAI(人工知能)に注力


インターネットサービス最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)は22日のカンファレンスで、VR(仮想現実)技術のオープンプラットフォームを開発する計画を明らかにした。また、AI(人工知能)関連製品の開発にも力を入れていく方針だ。

任宇キン・最高執行責任者(COO)によると、技術が成熟し、製品の品質が条件を満たした段階でVRプラットフォームを市場に投入し、そのオープンソース化を進める考えだ。AIに関してもオープンプラットフォームを通じ、ベンチャー企業などに技術を公開することを検討しているという。

各種技術をオープンソース化することで、テンセントはこれまでも、それら技術の発展と普及を進めてきた。同社のオープンプラットフォームを利用した起業家は過去5年間で600万人に達し、彼らによって創出された収益は160億人民元(約2400億円)に上った。ここから生まれたベンチャー企業のうち、すでに30社が上場企業へと成長している。


■企業紹介
テンセントはネット・モバイル関連の付加価値サービス、ネット広告、Eコマースを収益の柱とする。看板商品のIM「QQ」で築いた膨大な顧客基盤とブランド力を背景に、SNS、ミニブログ、オンラインゲームなど次々と新分野を開拓してきた。足元では、スマホ向けメッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」の利用者が8億人を突破。同サービスを基盤に、各事業の収益を伸ばしている。


【亜州IR】



《TM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below