Reuters logo
17日の中国本土市場概況:上海総合1.0%安と5日ぶり反落、大型株が下げ主導
2017年3月17日 / 08:02 / 8ヶ月後

17日の中国本土市場概況:上海総合1.0%安と5日ぶり反落、大型株が下げ主導


*16:59JST 17日の中国本土市場概況:上海総合1.0%安と5日ぶり反落、大型株が下げ主導
17日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比31.49ポイント(0.96%)安の3237.45ポイントと5日ぶりに反落している。上海A株指数も下落し、33.06ポイント(0.97%)安の3389.95ポイントで取引を終えた。外貨建てB株相場も値下がり。上海B株指数は0.95ポイント(0.27%)安の349.18ポイント、深センB株指数は3.39ポイント(0.29%)安の1150.01ポイントで終了した。

金利高が警戒される。上海銀行間取引金利(SHIBOR)の上昇が止まらず、1カ月物金利は足元で4.27%台と約1年11カ月ぶりの高い水準を連日で更新した(先週末10日は4.11%台だった)。中国人民銀行(中央銀行)は16日、リバースレポ取引と「中期流動性ファシリティ(MLF)」を通じ、金融市場に計3830億人民元(約6兆2800億円)の資金を供給。ただ、金利はそれぞれ0.10%引き上げている。市場では「米国の利上げに追随した実質的な“利上げ”」と受け止める向きが多い。

時価総額上位の石油株が主導し、全業種が下げる。昨夜の原油下落を受けて、中国石油天然気(601857/SH)が1.2%安、中国石油化工(600028/SH)が1.4%安と売られた。不動産株も下げが目立つ。全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の閉幕後、11都市で住宅購入規制が強化されたと伝えられた。金融株や自動車株、素材株、インフラ関連株、消費関連株なども値下りしている。中国では、3月上旬の自動車販売が低迷したと伝えられた。

(亜州IR)


《MT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below