Reuters logo
3日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と3日ぶり反発、「国家級新区」が刺激材料
April 3, 2017 / 9:25 AM / 8 months ago

3日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と3日ぶり反発、「国家級新区」が刺激材料


*18:24JST 3日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と3日ぶり反発、「国家級新区」が刺激材料
週明け3日の香港市場は小幅に値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比149.89ポイント(0.62%)高の24261.48ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が40.85ポイント(0.40%)高の10314.52ポイントとそろって3日ぶりに反発した。一方、売買代金は624億6600万香港ドルに縮小している(3月31日は736億6400万香港ドル)。

政策期待の高まりなどが支え。中国共産党中央委員会と国務院が1日、新たな国家級新区として、「河北雄安新区」の建設決定を発表したことが支援材料となっている。深セン経済特区、上海浦東新区に並ぶ国家プロジェクトとして推進される運びだ。ただ、上値は限定的。本土市場が本日と明日、香港市場が明日休場となるなか、買い手控えのスタンスも漂っている。

業種別では、セメントや鉄鋼、ゼネコンなどインフラ関連セクターが高い。北京金隅(BBMG:2009/HK)が34.7%、中国建材(3323/HK)が7.4%、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が3.9%、鞍鋼(347/HK)が3.8%、中国鉄建(1186/HK)が2.4%、中国交通建設(1800/HK)が1.5%ずつ値を上げた。建機株や非鉄株も軒並み買われている。前述した「国家級新区プロジェクト」が刺激材料。この発表を受け現地ブローカーは、インフラ関連に恩恵があり、なかでもセメントの需要が大幅に拡大するとの見方を示している。

本土系不動産セクターもしっかり。北京北辰実業(ベイジン・ノース・スター:588/HK)が6.9%高、首創置業(北京キャピタル・ランド:2868/HK)が6.3%高、華潤置地(1109/HK)が1.7%高で引けた。


【亜州IR】





《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below