Reuters logo
7日の香港市場概況:ハンセンは続落、北朝鮮に対する警戒強く
2017年9月7日 / 09:00 / 2ヶ月前

7日の香港市場概況:ハンセンは続落、北朝鮮に対する警戒強く


*18:00JST 7日の香港市場概況:ハンセンは続落、北朝鮮に対する警戒強く
7日の香港市場は続落。主要50銘柄で構成されるハンセン指数は前日比90.84ポイント(0.32%)安の27522.92ポイント、本土企業株で構成されるH株指数は30.05ポイント(0.27%)安の11098.72ポイントだった。

北朝鮮リスクは警戒されるが、トランプ米大統領は、北朝鮮に対して軍事行動を取ることは現米政権の「第1の選択肢」ではないと述べている。強硬姿勢が和らいだことは安心材料になろうが、9日の建国記念日を控え様子見ムードに。また、中国上海指数が利益確定の売りが優勢となり、5日ぶりに反落となったこともポジションを圧縮させる流れに向かわせたようだ。

セクターでは情報技術、エネルギー、金融が下落。半面、一般消費財・サービス、電気通信サービス、不動産、生活必需品、資本財・サービスがしっかり。個別では中国海外発展(688/HK)、華潤置地(1109/HK)、恒基兆業地産(12/HK)、金沙中国(1928/HK)が上昇。一方で中国海洋石油(883/HK)、友邦(1299/HK)、九龍倉集団(4/HK)、恒生銀行(11/HK)が下落。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below