Reuters logo
11日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と3日ぶり反発、自動車関連が急伸
2017年9月11日 / 08:06 / 8日前

11日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と3日ぶり反発、自動車関連が急伸


*17:01JST 11日の中国本土市場概況:上海総合0.3%高と3日ぶり反発、自動車関連が急伸
週明け11日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比11.18ポイント(0.33%)高の3376.42ポイントと3日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、11.61ポイント(0.33%)高の3535.66ポイントで取引を終えている。

物価動向が好感される。9日公表された今年8月の物価統計では、生産者物価指数(PPI)と消費者物価指数(CPI)がそろって前月実績と市場予想を上回っている。国内消費の堅調さと、企業活動の上向きが意識された。5年に1度開かれる中国共産党大会の開催を10月18日に控え、当局が相場を安定させるとの思惑も根強くなっている。

業種別では、自動車関連株が急伸。カーエレクトロニクス製品大手の寧波均勝電子(600699/SH)がストップ高し、完成車メーカーの広州汽車集団(601238/SH)が4.7%高で引けた。ガソリン車やディーゼル車など「従来型エネルギー」を燃料とする自動車の生産・販売停止に向け、中国政府がタイムスケジュールの策定に着手したことが刺激材料。自動車関連業者に新規需要が生まれると期待された。電気自動車(EV)向けに、レアアースや非鉄などの供給が拡大するとの見方が広がり、関連銘柄も軒並み上昇した。洛陽モリブデン(603993/SH)が9.9%高、中国北方稀土(600111/SH)が2.8%高と値を上げている。半導体関連株も高い。インフラ関連株や消費関連株、発電株、石炭株、石油株なども物色された。

外貨建てB株相場は値上がり。上海B株指数が4.20ポイント(1.18%)高の359.71ポイント、深センB株指数が6.76ポイント(0.58%)高の1169.60ポイントで終了した。

【亜州IR】



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below