Reuters logo
11日の香港市場概況:ハンセン0.4%安と反落、香港不動産セクターさえない
2017年10月11日 / 09:08 / 8日前

11日の香港市場概況:ハンセン0.4%安と反落、香港不動産セクターさえない


*18:03JST 11日の香港市場概況:ハンセン0.4%安と反落、香港不動産セクターさえない
11日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比101.26ポイント(0.36%)安の28389.57ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が7.35ポイント(0.06%)安の11411.41ポイントとそろって反落した。売買代金は1122億6300万香港ドルに拡大している(10日は915億2500万香港ドル)。

香港不動産株の下げが重し。恒基兆業地産(ヘンダーソンランド:12/HK)が4.9%安、長江実業集団(CKアセット・ホールディングス:1113/HK)が1.3%安、新世界発展(ニュー・ワールド・ディベロップメント:17/HK)が1.0%安で引けた。香港の林鄭月娥行政長官がこの日の昼前、施政方針を演説するなか、住宅テコ入れ策の効果に対する見方が交錯した。演説を挟み、株価は一進一退の値動きとなっている。

マカオ・カジノセクターも売られる。金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が2.6%、MGMチャイナHD(2282/HK)が2.0%、銀河娯楽(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が1.6%、澳門博彩HD(SJMホールディングス:880/HK)が1.4%ずつ下落した。

一方、他の個別株動向では、ピックアップトラック・SUV生産の長城汽車(2333/HK)が14.4%高と急騰。「長城汽車と中国第一汽車集団は、10月中にも戦略的提携関係を結ぶ見通し」と報じられたことが刺激材料だ。かねてから両社の再編観測が浮上する中で、今回の戦略提携は将来的な合併を視野に入れたものとみる向きもある。

本土マーケットは4日続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.16%高の3388.28ポイントで取引を終えた。時価総額上位の金融株がしっかり。消費関連株や医薬関連株、自動車株、発電株、不動産株なども買われた。

【亜州IR】



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below